PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


フリーランスの求人サイト

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆Tip 9 - POSTとGET名を変数名に変換する

POST や GET を扱う場合、その値を変数に代入するケースがよくあります。
特にアンケートやデータベースを扱う場合には項目が増えれば増えるほど面倒になってきますね。

 

例えば、$_POST['name'] もしくは、$_GET['name'] という値を変数 $name に代入したい場合、 PHP 初心者は次のような設定をする人が多いでしょう。

$name = isset($_GET['name']) ? $_GET['name'] : $_POST['name'];

あるいは、

$name = isset($_POST['name']) ? $_POST['name'] : $_GET['name'];

とやりがちではないでしょうか。

 

実は POST も GET も一度に値を得る方法があります。
それは次のように REQUEST を使うものです。

$name = isset($_REQUEST['name']);

実にシンプルになりますね。
REQUEST を使うことで POST と GET の値を気にしないで得られるのです。

 

プログラム開発をしていくうえで、データの入力項目が増えるとそれだけ利用する値が増えていくことになります。 その値は、ページの遷移で POST や GET に格納したり取り出す作業がでてきます。
変数を作り値を代入を一括で行える方法を紹介します。

foreach($_REQUEST as $hensu => $value){
  $$hensu = $value;
}

例えば、

$_GET['flower'] = "桜"; $_POST['tree'] = "梅";

の場合、"$flower" に "桜"、"$tree" に "梅" の変数が作られます。

 

$_REQUEST は、$_POST あるいは $_GET としてもよいです。
"$$" をつけた変数は可変変数といい、変数名を動的に変えられる変数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.