PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


フリーランスの求人サイト

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆Tip 5-1 - 携帯サイトをPHPで作る 1

突然ですが、携帯(ガラケー)サイトを作りたいと考えたことはありませんか?
携帯サイトに広告を貼り付けるとクリックされやすい、成果を出しやすいと多くのサイトやブログで紹介されています。
その理由は、PC サイトと比べると、情報量が少なく外部リンクが少ないという事情や PC サイトからキーワードを検索するほど検索精度やランキングが充実していない、キーワードや URL を入力するのが面倒なことも影響しているようです。

 

クリックされやすい」と聞くと、サイト制作する者としては携帯サイトを作ってみたいと考えますね・・・・。

 

携帯専用の ASP(広告主とアフィリエイターを結びつける会社)も多く存在します。 まず携帯用アフィリエイトを始めるなら、管理画面の操作性や広告主の多い Moba8.net をお勧めします。

 

ここからが本題ですが、広告の差し替えが面倒だという人は、 "Adsence" などのコンテンツマッチの広告媒体を利用することになります。
どちらの広告媒体を選ぶかは、お好みで決めましょう!

 

コンテンツマッチの広告媒体としては、Google Adsence が有名ですね。
Google Adsence でも携帯用モバイルコンテンツ、つまり携帯用の広告配信が可能なのです。
しかし携帯用サイトに広告を設置するには注意しなければならない点が1つあります。

それは "JavaScript" に対応できないということです。

 

 

携帯サイトは、基本的に PC 同様に HTML ベースで制作します。
商業ベースの携帯サイトなら WAP 対応や xhtml ベースなど考慮しなければならないのかもしれませんが、ここでは簡潔に説明します。

 

PHP プログラムがサーバーサイドスクリプト(言語)であることを以前に紹介しました。 つまりブラウザに依存しないでサーバー側で動作するスクリプトということですね。
といことは、"Java Script" を使わなくとも広告プログラムを動作させることができるということです。

Google Adsence には PHP で動作するコードが用意されていますのでページに貼り付けるだけいいのです。

AdSense コードは次のサーバーサイドスクリプトに対応しています。

  • PHP v4.3.0~
  • CGI/Perl v5.8~
  • JSP v1.2~
  • ASP v3.0~

 

 

携帯サイトを作成するうえでファイルサイズの制限、端末に合わせた画像の対応、文字コードの対応、docomo端末ではCSSの外部ファイルの読み込みできない等の細かい決まりごとがありますが、ここでは割愛します。

 

携帯サイトの制作において一番重要なのは、一度表示されたページはキャッシュされてしまうということです。
つまりページデザインや文章を修正してサーバーにアップロードしても携帯端末でアクセスするとキャッシュされたページが表示され修正箇所が反映されていないということになります。
パケットを節約する為の携帯のブラウザに組み込まれた機能なので仕方が無いことなのでしょうが、閲覧者はわざわざページの更新をしてくれません。
これでは何時までたっても修正前のページを見ていることになります。
やはりアクセスいただいた人には最新のページ(情報)を見てもらいたいですよね!

 

この問題、PHP で "header" を指定してあげれば、キャッシュをクリアさせることができ最新のページを見せることができます。
次のヘッダー情報をページに追加してみてください。

<?php
  //◆ヘッダー情報を出力
  header("Content-Type:text/html;charset=Shift_JIS");
  header("Expires: Mon, 26 Jul 1997 05:00:00 GMT");
  header("Last-Modified: " . gmdate("D, d M Y H:i:s") . " GMT");
  header("Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate");
  header("Cache-Control: post-check=0, pre-check=0", false);
  header("Pragma: no-cache");
?>
<html>
<body>....

 

携帯端末からページにアクセスする毎に修正箇所が更新されていることが確認いただけるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.