PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


フリーランスの求人サイト

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆Tip 3 - POSTやSESSIONのクリア

アンケートや投稿、問い合わせなどで"FORM"を使い記事の登録や送信を行う処理をする場合、"POST"や"SESSION"に登録された内容をクリアにしたいことがあります。

 

例えば、「問い合わせフォーム」で記入された内容をそのまま送信するのではなくメールアドレスや内容を投稿者に確認してもらってから送信する際に修正箇所があった場合、情報修正する画面に戻ってもらわなければなりません。

 

"POST"や"SESSION"に登録されたデータは、修正時には有効に使えるのですが、中にはその内容全体をリセットしたい場合があります。
しかし通常のリセットでは"POST"や"SESSION"にデータが残っているのでクリアができません。

 

実際にサンプル 1で動作の確認できます。
サンプル 1

 

"POST"のデータをクリアする場合には、"POST"を初期化します。

$_POST = array();

"SESSION"のデータをクリアする場合には、"SESSION"を初期化します。

//セッションの初期化
$_SESSION = array(); // セッション変数を全てクリア
session_destroy(); // セッションファイルを削除

 

"POST"のデータ削除については、サンプル 2で動作を確認できます。
サンプル 2

 

投稿(送信)される内容の確認が必要でなければ、特に問題視することはないかもしれません。
"POST"と"SESSION"の初期化、"reset"の"type"を"submit"として使う方法について理解しておく程度よいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.