PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


SMS付き2Gは、900円。
通話付きは、1600円。

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆Tip10 - タイムアウトを延長する

PHP プログラムを作成していると、処理に時間がかかるプログラムを作ってしまうことがあります。
例えば、CSV ファイルのデータを SQlite に取り込もうとするプログラムを作ったとします。
この場合、登録する文字数やカラム数にもよりますが、100件程度でも30秒以上かかってしまいタイムアウトとなり処理が中断されてしまうのです。
極端な話ですが5000行位の配列を書き出そうとすると、30秒は超えるでしょう。
PHP プログラムを介して40000件を超えるCSVファイルから、データベースに取り込むときには3時間位かかりました・・・。

 

PHP では1つのスクリプトで実行可能な時間(秒)はデフォルトで30秒となっています。
これは php.ini の max_execution_time により設定されているからです。
これにより30秒を超える全てのプログラムの処理が制限されているのです。
この処理時間には、スクリプト自体の処理にかかる時間だけでシステムコールやデータベースクエリ等のスクリプト実行以外のものはカウントされません。

 

 

処理時間を延長したいPHPファイルに次のもの追加します。

<?php
  set_time_limit(60);
?>

括弧内の数字は、秒数で設定します。

 

処理時間を無制限にするには、

set_time_limit(0);

とします。

 

秒数を "0" とすることで無制限の処理となります。
ここで注意しなければならないのは、処理が無限ループとなってしまうことです。
無限ループに陥ると、永遠と処理をし続けるのでサーバーや PC に負荷がかかりダウンしてしまうことがあります。
ローカルでできる処理は、なるべくローカルで行うよに心がけてください!

 

 

set_time_limit 関数は、宣言されたところからスタートします。
例えば、

<?php
  set_time_limit(0);
  //処理A・・・

  set_time_limit(60);
  //処理B・・・
?>

の場合、処理Aを無制限の時間で処理をして、次に処理Bを60秒で処理することになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.