PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


SMS付き2Gは、900円。
通話付きは、1600円。

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆Chapter 1 - PHPについて

PHP と聞いてピンとくる人は少ないかもしれません。
ホームページ制作に精通した人なら、知っている人も多いと思いますが、 PHP と聞いて、 PHP 文庫のこと?
なんて思っちゃう人も多いでことでしょう!

 

では、 PHP とは何でしょうか・・・。
一言で説明すると「 Web 開発に特化したプログラミング言語 」ということになります。 サーバーやインターネットとの相性もよく、様々な関数が用意されているので開発しやすいという メリットもあります。

 

プログラミング言語と聞くと、「あ~、無理」と、拒否反応を起こす人も多いでしょう。
このサイトの運営者である「ひょっとこ弥太郎」も数年前までは、そう思っていました・・・。

 

ところが、やってみると意外と難しくなくできてしまったのです。
勿論、 HTML(HyperText Markup Language)の知識があった方が、とっつきやすいかもしれません。

 

ホームページを作成していると、いずれ動的なことをしたいと思うことがあります。
では動的なこととは何でしょう?

通常、ホームページは、 HTML で 書かれたコードを Internet Explorer や Chrome 、 Firefox 等のブラウザが読込み ホームページとして表示しています。
つまり、書かれている内容をそのまま表示しているイメージであり、 これを静的なものといいます。

 

静的なホームページに

  • カウントを取りたい・・・
  • アクセスされる時間別に表示を替えたい・・・
  • コメント表示を替えたい・・・
  • アクセス情報を取りたい・・・
  • フォームからの投稿に自動で返信したい・・・
  • 広告表示をランダムに切り替えたい・・・
  • 会員毎用ページを切り替えたい・・・
  • データベースを利用したい
  • チャット、Webアプリケーションを作りたい

などなど。
ホームページ作りをしていると、何らかの動的なことを追加したくなります。

 

なら、 Java Script や Java でやればいいのではと言う人もいるでしょう。
確かにブラウザの操作については、 Java Script が優位であります。
しかし、、Java Script は、ブラウザやそのバージョンにより挙動が 違ったりすることがあり、場合によってはバージョン毎に処理方法を 記述したり、動作の確認が必要になったりします。
新しいバージョンがリリースされれば対応する必要もでてきます。

 

Java は、作成したコードをコンパイルする作業が発生します。
コンパイルとは、簡単に説明すると人が書いたコードをプログラムが実行できるように翻訳するイメージです。
これが経験上、ちょっとしたスペースやタブ等で動作しないこともあり、素人には難解のところがあります。
Java のバージョンによっては、利用者に Java のバージョンアップをお願いしなければならないこともあります。

 

PHP は、PHP が動作しているサーバーであれば、直ぐに利用できます。
最近のサーバーでは、概ね動作するでしょう。
PHP はサーバーで動作するプログラミングの為、ブラウザに依存しません。
その為、ブラウザを操作する以外の動作であれば、ブラウザの種類やバージョンを気にすることはないのです。
またOSに依存することもありません。

 

では、どうしたら PHP が使えるのでしょうか?

 

PHP を使いたい時には、ホームページのファイルの拡張子を php に変更するだけです。

index.html(htm) を index.php とするだけで、そのファイルで php が動作するようになります。
PHP が稼動するサーバーでは、index.html や index.htm より index.php を優先して表示されます。

 

php ファイルの中身は、html の内容と保々同じです。
php を埋め込みたい箇所に

<?php
  //記述する内容
?>

と記述することができます。
各プログラムの最後には ";" (セミコロン)を忘れずに入れましょう。

 

以下のソースサンプルで、 sample1_1.php を作成してみましょう。

<?php
  $title = "日本昔話";
  $hero = "桃太郎";
?>
<html>
<head><title><?php echo $title;?></title></head>
<body>
昔々、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいました。<br />
お爺さんは山へしばかりに、お婆さんは川へ洗濯に行きました。<br />
お婆さんが川で洗濯すると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。<br />
お婆さんは、大きな桃を拾い上げ家に持ち帰りました。<br />
そして、桃を食べようと切ってみると、なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。<br />
その子供の名前は、<?php echo $hero; ?>と名付けられました。<br />
<?php print $hero; ?>は、お爺さんとお婆さんに愛されすくすく育ちました。<br />
</body>
</html>

上記の例では、
1行目で、 php を宣言し、
2行目で、 $title の変数にタイトル名を代入、
3行目で、 $hero の変数に主人公名を代入、
4行目で、宣言を終了しています。

5行目では、 $title の書き出し、
15,16行目では、 $hero の書き出しをしています。

一度、変数を設定すれば、その後 php が動的に処理してくれるので タイトル名や主人公名を変更した場合、表示箇所も問題なく変更されます。
作成したファイルを FTP でアップロードして表示確認をしてみてください。

例えば会員制のサイトを構築したなら、会員毎に名前を換えて表示させることができます。

 

ご利用のサーバーの PHP 環境の情報を知りたい場合には、

<?php
  phpinfo();
?>

 

の内容のファイルをアップロードして、アクセスすると PHP 環境の情報を閲覧することができます。

PHP情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.