PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


SMS付き2Gは、900円。
通話付きは、1600円。

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆便利ツール2 - 不正コピーサイトを見つけ対策を講じる!

自分の制作したホームページやプログの内容がコピーされ転載された経験をお持ちの人はいますか?

 

そういう経験をした人の数は少なくないようで検索エンジンで、
ホームページ パクリ
のキーワードを入力し検索するとかなりの数がヒットします。

 

無断でコピーする側は自分勝手な言い訳をするようですが、これは著作権侵害という立派な犯罪です。
内容をパクられた人達の中には気前よく容認する人もいるようですが、そうでない人もいます!

 

では何故、侵害行為をする人がいるのでしょうか?
大きく分けて次のようなことが考えられます。

 

  1. アフィリエイもしくは広告収入が目的
  2. アクセスアップ(注目を浴びたい)
  3. コンテンツ不足

 

何れも共通する点は、「楽をして結果をえる」ということでしょう。
文書を考え作成する人は、文書の内容や脱字の確認など労力をかけて制作しています。
著作権を無視する人、つまりパクル(パックったり)、盗用する人は時間を掛けずに楽して結果をえようという浅はかな考えを持っているから、そのような行動をとるのでしょう。
3の「コンテンツ不足」も自分のサイトやブログの内容が少ない、もしくは無いからパックってしまう。
これは結果的にアクセスアップの行為になってしまいますね・・・。

 

 

ではパクられた側は泣寝入りしなくてはならないのでしょうか?

 

 

必ずしもそうではありません。
一般的にはホームページやブログで右クリック禁止をしたり、コピー禁止を施したりしますが、これも完全には防ぎきれません。
なので次の対策を考えます。

 

1.アクセス解析を導入する

オリジナルのサイトのソースをパクリ、そのまま盗用する人がいます。
そのままソースを貼り付けて使うと、ソースにあるリンクや画像から、アクセスしてきたサイトやブログの特定ができます。
有料、無料などのアクセス解析サービスが色々とありますが、リンク元が分かるものを使うのも対策の一つです。

 

アクセス解析【Ace─Analyzer】は、リンク元も分かる無料高解析ツールです。

 

 

2.不正サイトを検索する

google の検索エンジンでご自分のサイトの文章の一部(2~3行)を盗用されそうな行を選び検索してみてください。

 

このサイトの「 Chapter 2 - カスタマイズ関数 」の1~3行の文章、次の内容で検索してみます。

PHP には、便利な関数が多く用意されていますが自分でカスタマイズした関数を作ることもできます。
これをカスタマイズ関数といいます。

 

この行を google の検索エンジンで検索しても結果がよく分かりませんね。
そこでフォームに文章をコピペしてチェックをかける事で、文章を自動的に文に分解し、その文が他サイトやブログ等で使用されていないかどうかを無料でチェックできる簡易コピペチェッカー、「こぴらん」でチェックしてみます。
こぴらん

 

 

こぴらん」でチェックをかけると、その結果が表示されます。
検索結果のリンク、つまり検索エンジン名をクリックすると類似サイトの検索結果が表示されますのでご自身のサイトやブログが盗用されたかどうかの判断ができます。

 

以下は「こぴらん」で検索した google の表示例です。
(2014年11月25日現在)

表記例

 

う~ん、やはりパクリサイトが存在しました・・・。
このサイトの「 php の基本 」カテゴリの記事は、ほぼパクリと判断できる程、パクリ元が見つかります。
しかも、ここのサイトの運営は法人です・・・。
あまり酷いようなら、次の対策を実行するべきですね。

 

【追記 : 2015/10/27】
このサイトの「 php の基本 」などのカテゴリの記事は今年に入ってから検索エンジンで検索ができなくなっていました。
こちらからは何のアクションもしていませんが、Google が何らかの対策をしたということでしょうか・・・。
古い記事は検索できるものがまだあります。
これで新規に記事の投稿しても検索エンジンには登録されないというペナルティを負ったわけですね。

2015年12月30日現在、まだ存続しているようでした・・・。

 

 

3.著作権侵害の申し立てをする

ネットに広告を出す広告主は著作権侵害をしているサイトやブログでの広告表示を嫌います。
何故なら広告表示する側にとってみれば第三者(お客さん候補)からしてみれば同様のイメージを持たれかねないからです。

 

それは多くの広告を扱う検索エンジンを運営する側にとっても同じことなのです。
検索エンジンは検索結果に応じて広告を表示するので不正サイトを上位にランキングすることは運営者側にとってもデメリットと考えるからです。

 

では実際に著作侵害された場合にはどのような行動をとるべきでしょうか?
次の様な行動が挙げられます。

 

 

 

特に「グーグルへの DMCA 侵害申し立て」は、グーグルアドセンス(AdSence)を利用している人にとっては脅威です。
著作権侵害が認められると、侵害した者の ID が剥奪され二度と利用できなくなります。
それはもっとも有益な広告サービスが利用できなくなることを意味します。
だからパクリは絶対にしてはいけません。

 

 

では広告を利用していないサイトやブログはどうでしょうか?

 

 

確かにグーグルアドセンスなどの広告ASPを利用していないサイトやブログでは効果が無いのではと思ってしまいますね・・・。
しかし、これらのサービスを利用していない場合でもデメリットがあるのです。
著作権侵害サイトとされた場合、google の検索エンジンからインデックスが削除されます。
つまり、キーワード検索で表示されなくなるのです。
最悪、全てのインデックスが削除されドメインすら検索できない状態になります。
google の検索エンジンは、「 Yhaoo! 」(ヤッフー)などの多くの検索エンジンと連携していますので、何れアクセスが激減するか皆無になるでしょう。
そうなるとサイトやブログの存在価値は失ってしまうことになります。

 

悪いことをすれば罰(バチ)が当たるということですね・・・。
ご自身のサイトやブログが許可なく盗用された場合には、自ら鉄槌を下すか、様子を見るか、ご自身の責任で行動しましょう!

 

その他、著作権侵害については下記も参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.