PHPを学ぼう!

▼PHPを学ぶチャプターです。


フリーランスの求人サイト

 

素材メニュー

 ◆Chapter 1

 ◆Chapter 2

 ◆Chapter 3

 ◆Chapter 4

 

制作ヒント

 ◆制作のヒント

 

レッスンメニュー

 ◆Chapter2 練習問題

 ◆Chapter3 DB練習問題

 

サイト運営者がPHPを学んだ
お勧めの書籍です!
これ一冊で基本的なPHPの仕組み、簡単なプログラムの作成、SQLiteを使ったデータベースなどかなり学べる要素が詰まっています!

↓↓↓ ↓↓↓

PHPレッスンブック―PHP5対応

新品価格
¥2,520から
(2013/2/24 04:38時点)

 

 

サイバーテロの技法について書かれた書籍です!
ハッカーの手法を知ることでご自身のサイトがハッカーに攻撃されたときそれを防ぐ手法を紹介しています。

↓↓↓ ↓↓↓

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

新品価格
¥1,890から
(2013/11/5 10:09時点)

 

 

★初年度100円! サブドメインやメールアカウントを無制限に設置できます。
PHPやCGIは勿論、WordPress、Movable Type Open Source、掲示板、ブログ、ショッピングサイトなどが簡単に導入できるので複数サイトを運営したい場合に便利なサービスです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

PHPが動作するサーバー

 

はじめてのHP | 無料素材 | タグ辞典 | CSSガイドEX | PHPを学ぼう!

◆便利ツール1 - サイトマップでアクセスアップ!

制作したホームページは、サーバーにアップロードしただけでは誰もアクセスをしてくれません。
いずれ検索エンジンのロボットがウェッブを巡回中にあなたのホームページを見つけてくれてインデックスしてくれるかもしれません。
しかし、それは何週間後、何ヵ月後かになるかもしれないのです・・・。

 

検索エンジンにインデックス(登録)されるには、各種の検索エンジンに URL 登録する必要があるでしょう。
しかし最近は URL 登録を有料化しているところも少なくなく、趣味や非営利で公開している人にとってはハードルが高い存在であることも事実なのです。

 

本来、検索エンジンの存在意義はネットに存在する全てのホームページやサービスが検索できることだと思います・・・。
ところが膨大な情報量を裁くのが大変なこと、利益追求などの意図から有料化しているところもあります。
そうなると本末転倒、本当に知りたい情報を探す人にとってみれば検索エンジンはデメリットな存在になります。

 

Google の検索エンジンは、誰でもサイト登録ができるので理にかなった存在です。
だからこそ多くの人に利用される存在になったのではないでしょうか・・・。

 

このサイトを運営していると気づかされることが沢山あります。
そうした中からアクセスアップの為のお勧めする方法を紹介します。

 

最低限のSEO対策をする

SEO 対策はアクセスアップに必要なものです。
まったく SEO 対策を施していないと、検索結果の順位は上がりません。
だからといって SEO 業者に SEO 対策をお願いしたとしても必ずしも良い結果に結びつかなかったり、検索エンジン側のルールで順位が突然下がったりすることもあります。
ホームページ制作をするときには、メタタグ、タイトル、見出しと最低限の SEO 対策は施しましょう。
これらは検索結果に良い影響を与えます。

<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta name="description" content="コメント">
<meta name="keyword" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">
<title>タイトル</title>
<body>
<h1>見出し1</h1>
<h2>見出し2</h2>
<h3>見出し3</h3>



 

 

Googleの検索エンジンに登録する

より多くの検索エンジンに登録されることが一番望ましいのですが、有料登録だったりするとそうもいきません。
しかしそんなに悲観する必要はないようです。
検索エンジンの大手、google(グーグル)に登録さえすれば、Yhaoo! などの検索エンジンにも検索結果が遅れて反映されてきます。
全ての検索エンジンとはいかないでしょうが、大手2社に登録される結果は大きいでしょう。

 

まず  Google ウェブマスターツールに登録してからサイトを登録してください。

SEO の為に被リンク(バックリンク)を稼ごうとしてリンク集や相互リンクなどに登録すると、検索スパムとみなされてペナルティで検索順位を落とすこともあるりますので注意が必要です。
自分のサイトが現在 Google のインデックスに含まれているかどうかを調べるには、「site:」を付けて自分のサイトの URL を検索します。

 

 

サイトマップを作成する

URL 登録をすると数日後には検索エンジンにインデックスされます。
しかしロボットによる巡回は、ホームページ内のリンクが切れていると中断し全てのページがインデックスされないことがあります。
サイト運営者にとってみればその原因を調べるのも容易ではありません。
そこでサイトマップ(sitemap.xml)を用意することをお勧めします!
サイトマップは、ご存知のとおりサイトの構成を記述した xml ファイルです。
聞きなれない人もいるかもしれませんが、xmlはデータの受け渡しに便利なものとされています。
しかし素人には少しハードルが高いでしょう・・・。

 

 

そこで、ウェブ上から自動作成できるサイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」を紹介します。

 

このツールは、URL を指定するだけでそのサイトマップが簡単に作成され、ダウンロードができます。
ダウンロードしたファイルは、自分のサーバーに FTP(アスキーモード)でアップロードします。
アップロードしたファイルの URL をウェブマスターツールで指定するとリンクの完了です。
サイトマップを作ると、検索結果からのアクセスが間違いなく増えます。
そのキーワードもウェブマスターツールで確認できるのでとても便利です。

 

グーグルでの検索結果の順位は、サイトの内容が良質であるかどうかもによっても判断されます。
つまり内容の少ないサイトだと、SEO 対策や広告を打っても一時的に順位は上がるかもしれません。
しかし、順位を保ち続けるのは難しいということでしょう・・・。
とにかく皆さんに見てもらえるサイト作りを心がけるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | CSSガイドEX | ホビ★コレ | 班長日記!

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2017. All Rights Reserved.